最近の大学時代の資金調達方法

大学時代は勉強をする事もありますが、学生時代の中で自由な時間が一番ある時期でもあるので自分の好きな事をするためにアルバイトなどをして資金調達http://www.hqextreme.com/をしたりもします。

今まではコンビニやファーストフードなどでアルバイトをするというのが基本でしたが、最近ではインターネットが発達していてスマートフォンも普及しているのでインターネット上で資金調達する事も可能です。

そのため効率良く資金調達するために何をするべきか考えてしまう事も多いです。

大学時代の若い時は時間があるのでコンビニやファーストフードなどでアルバイトをしながらインターネット上でも資金調達をする事も出来ます。

最近ではアンケートサイトやクラウドソーシングサイトなども出てきていて手軽に資金調達出来るようになっています。アンケートサイトではマクロミルという社名のサイトが特に稼ぐ事が出来ます。

またクラウドソーシングサイトもWebライティングなど初心者でも出来る案件がたくさんあるのでおすすめです。

もっと上級になると、自分でアプリはスマホゲームを作って売ってしまう人もいます。万が一それがヒットしたりすればもはやアルバイトではなくなります。

 

楽天銀行カードローンについて

楽天銀行カードローンは、収入のない主婦の方やパート、アルバイトの方でも申し込む事ができます。配偶者の収入証明書や同意書などの特別な書類の提出は必要なく、主婦の方でもローンを組む事ができます。しかしながら、利用限度額は50万以上の融資を受けることはできません。

しかし、貸金業法の改正によって、ご自身の年収の1/3以上の貸付が禁止になったので、それに伴って、楽天銀行カードローンの申し込みでは、300万円の方には年収が証明できる源泉徴収票や課税証明書などの収入証明書の提出が義務付られていますので、当てはまった方は用意が必要になります。

申し込みから審査まで、ホームページ上で完結出来ますので、来店や面倒な書類の郵送などがありません。入金については、楽天銀行の口座を持っていると、365日いつでも入金をしてもらう事が出来るので、急にお金が!という状況でも安心してお金を借りる事が出来ます。

もちろん口座をお持ちでない方でも融資を受ける事ができますので、必要に応じて開設をしても良いと思います。しかし、楽天銀行の普通預金は預金保険制度における決済用預金ではありませんので、決済用預金の普通口座が必要な方には注意が必要になります。